元AV女優・麻美ゆまの悲しい現在。病気後の姿が別人だった!

あの人は今


元AV女優で、現在タレントの麻美ゆま。恵比寿マスカッツのメンバーとして広く人気を獲得しましたが、2013年境界性悪性腫瘍に罹患していることが判明し、子宮と卵巣の全摘出手術を受けました。現在の体調や活動はどうなのでしょうか?

元AV女優の麻美ゆま、26歳で卵巣・子宮を全摘出

元AV女優で、現在タレント活動をしている麻美ゆま

麻美ゆまは2005年にAVデビューしてからというもの、キュートなルックスとHカップのバストで常に業界のトップを走り続けてきました。

@sejpn)さんの投稿

徐々に活動の幅を広げバラエティやドラマでも姿を見かけるようになりましたが、2013年2月下旬(26歳のとき)「境界悪性卵巣腫瘍」と診断され、卵巣と子宮を全摘出する手術を受けました。

麻美ゆまの現在の体調や活動はどうなのでしょうか?

元AV女優の麻美ゆま、病気を公表するも中傷被害

麻美ゆまは卵巣と子宮を全摘出する手術を受けた後、病名「境界悪性卵巣腫瘍」を世間に公表しました。

当初は「セックスのやり過ぎでそうなったんだろう」とか、「AV女優だから仕方ないな」とか、心ない誹謗中傷もかなりあったようです。本人も、

AV女優という職業をしていましたし、がんが見つかった場所が場所なだけに、いろいろ言われるんだろうなという覚悟は持っていました。

引用元:HUFFPOST

と語っています。ですが、

それ以上に「早く元気になって」という声や、同じ病気で闘っている方から「大丈夫だよ、頑張ってね」というような励ましの言葉をたくさんいただきました。

引用元:HUFFPOST

とも。

また、「卵巣の病気」であるはずが、「子宮がんになったらしい」と全然見当違いなことをいう人もいたようです。

AV女優が卵巣という女性特有の病気になったことで誤解や偏見を持つ人もいますが、医師によると「仕事と病気の因果関係はない」とのこと。

麻美ゆまが伝えたいこと「髪の毛なんて」


1 2 3 4