元セクシー女優・麻美ゆまがやばい。驚きの告白後の現在が…

元セクシー女優の麻美ゆまさんが病気だったことを知っていましたか?手術をするうえで彼女は女性として大事なものを無くす結果に…。



スポンサーリンク

卵巣と子宮の全摘出を決意

元セクシー女優で、現在はタレント活動を続けている麻美ゆまさん。

麻美まゆ

彼女は2013年2月、26歳のときに『境界悪性卵巣腫瘍』と診断されていたのです。

そして、手術をし、卵巣と子宮を全摘出しました。

これは女性にとって辛いことです…。
ふさぎ込んでしまってもおかしくありません。

しかし、彼女は強かった!
手術をしたあと、病名を公表したのですから。

その後、、麻美さんには、励ましの言葉が多く寄せられました。

しかし、中には女優という職業に病気のことを理解していない人から、「自業自得だ」という偏見の声もあったのです。

麻美さんは、そのような偏見とも真正面から向き合い、芸能界復帰後は婦人病やがんの啓発セミナーなどで積極的に公演しています。

本当に、強い女性ですよね!

自分がこんな病気だったと公表するだけでも勇気がいるのに、偏見にも向き合えるなんて。。。

自分のことだけでなく、同じように苦しんでいる人のために行動されているのかな、と思います。


スポンサーリンク

正直な心の中は…

そんな麻美さんは、闘病生活や女優として抱いた葛藤、いま伝えていきたいことをこのように話しています。

卵巣は、異常があっても症状が出にくく『沈黙の臓器』と呼ばれるほど。

麻美さんが体の異変を感じたのは、手術を受ける2カ月ほど前のことだったと言います。

彼女の感じた異変は、お腹が張るとか、ちょっと便がゆるいとか、そんな些細な事だったのです。

これは・・・病気だと気づくのは本当に難しいことですね。

実際、薬を飲んでも治らなかったため病院に行ったら・・・
子宮内膜症の疑いがあると言われ…。

病院に行くまで、そんな病気だとは全く思っていなかったから、「驚いた、嘘でしょ!?」としか思えなかったと。

「卵巣と子宮を全部取る?子ども産めない?」

そう思い、何も頭に入ってこなかったと言われています。

そりゃそうですよね。
突然そんなこと言われて、冷静でいろと言う方が無理な話ですよ。。。

公表することでの誤解

彼女が病気のことを公表しようと思ったのは、病気そのものが発見しにくいものだから、だと言います。

麻美ゆま

少しでも誰かの体に対する考え方に影響を与えられたら、と考えていたのです。

しかし、それで誤解を与える場面も…。

「女優の仕事をしているから仕方ない」
そのように思う人もいたと言います。

このような認識が広まってしまうと、同じ病気になったときに言いにくくなってしまいますよね。

また、『卵巣の病気=子宮ガン』と思う人もいて驚いたと言われています。

自分の認識が全てだと思っている人が、人を傷つける典型的な意見だな、と思いますね。

実際に医者に聞いた所、そういう行為と病気の関連性はないそうです。

正しい意識を持って、発言していくことは大事なことですね!

そんなことを意識させられた人も多かったのではないでしょうか?


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 小林麻央さんが退院を報告。現在の病状と退院の真相

元セクシー女優・麻美ゆまがやばい。驚きの告白後の現在が…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!