ZARAで買ったワンピースから悪臭。理由が衝撃的だった…

お洒落ブランドの一つでもあるZARA

幅広い年齢層に人気がありますよね。

この大手ブランドが

とんでもない失態をやらかしました!


スポンサーリンク



ワンピースの裾から手が…

1度は耳にしたことがあると思います。

ファッションブランドの『ZARA』

 

matome_20150407062348_552377f48b9b4-png

 

スペイン発のブランドです。

モードからカジュアルまで

トレンドアイテムがお手頃価格で

手に入れられると注目されています。

 

そんな大手ブランドの大失態!

 

被害者女性の名前は

米コネチカット州に住む24歳の女性、

ケイリー・フィーセルさん。

 

ケリーさんは7月にZARAで

黒いワンピースを購入したそうです。

 

すぐには着ずに8月まで

クローゼットにしまっていました。

そして8月になって初めて着用し

仕事に出かけて行ったのです。

 

そして仕事場に着くとすぐに

変な悪臭に気がつきます。

 

どこから発生しているか分からない

その匂いはデスクを離れても、

歩き回ってもついてきます。

 

そしてケリーさんはこの日ずっと

脚に何かがまとわりつく違和感

あったと言います。

 

糸のほつれかと思い、

裾に手を伸ばすと何か奇妙な膨らみが

あることに気づきました。

 

その部分を自分の目で確認してみると・・・

なんと裾の縫い目から

小さな手が出ていたのです!

 

937da_1212_6448286deeba79fe773f7071f029bda0-cm

衝撃的な画像ですよね。

本当に信じがたいことですが、

ネズミが一緒に裾の部分に縫い付けられていたのです!!

 

937da_1212_6448286deeba79fe773f7071f029bda0

 

これに気づいたケリーさんは

すぐさま病院に駆け込みました。

 

そして医師に診断された結果、

 

「齧歯類動物が媒介する感染症で発疹が出ている」

 

と診断されたのです。

 

その後、ケリーさんは

ZARAに損害賠償を訴えました。

 

ZARAの広報担当者はこの事実に対し

 

「ZARA USAは、今回の訴訟を認識しています。

現在、詳しい調査を行っています。

ZARA USAは厳しく衛生・安全基準を定めており、

すべての自社製品がこれらの基準を満たしていることをお約束します」

 

そうコメントしました。

 

本当に信じられない今回の件。

何がどうすればネズミが一緒に

縫われることになるのでしょうか?

 

いくら小さいと言っても

膨らみでわかりそうですよね・・・

縫い終わった後も点検とかあるでしょうし。

謎しかないですわw

 

ZARAの信用問題にも関わってきます。

もう2度とこんなことが

ないようにしてほしいですね。

 

ネットの反応

・ひええええええええ

 

・気持ち悪っ!!

 

・買うときに気づかないのかな?

 

・これはいくら何でも故意でしょ。

足を縫い付けるとか信じられない。

 

・死んだネズミ?は??

 

当たり前ですが、

信じられないという声が多いです。

 

お店に並んでいる服は

試着の時は着ますけど、実際に

持ち帰るのは新品ですからね。

 

開けるまで気づかないもの

しょうがないのかもしれないですね。

 

最近は食品への異物混入が多く話題になっています。

しかし、まさか衣服までも

そんなことがあるとは思ってもみなかったです。

 

安心して購入できるように

2度とないようにしてもらいたいですね。


スポンサーリンク



関連記事

⇒ 合コンで場が凍りついた一言。1番人気の女性が言った言葉がすごい。