ZARD坂井泉水の素顔と、知られざる40年の真実が明らかに。

あの人は今


実現しませんでした」(元同級生の男性)

坂井さんは高校卒業後、神奈川県内の短大に進学。OL生活を経て芸能界入りします。

といっても、そこは歌手とは畑違いのキャンペーンガールの世界。

89年には「東映カラオケクイーン」、

翌年はレースクイーンとして活動しましたが、

音楽への情熱はますます高まっていたようです。

 

 

デビューのきっかけ

dc95fd12-s

B.B.クィーンズのコーラス・メンバーを決めるオーディションに行った時に

彼女の才能に目を付けたのが、

人気バンド「TUBE」や「B’z」などを手掛けた音楽プロデューサー、

長戸大幸氏です。以後、坂井さんは、

長戸氏の音楽事務所「ビーイング」に所属することになります。

 

この時のオーディションには落ちてしますのですが、

フジテレビ現社長の亀山千広さん(当時はドラマのプロデューサー)から

ブロンディのような女性ボーカルのバンドを作らないか、という話があり、

坂井を中心にしてバンドを組むことになりました。

そして亀山さんがプロデュースをしていたドラマ「結婚の理想と現実」の

主題歌「Good-bye My Loneliness」でデビューしました。

 

ちなみにZARDという言葉は造語なのですが、

Lezard(とかげ)、 Hazard(危険)、Blizzard(吹雪)、Wizard(魔法使い)など、

どちらかというと忌み嫌われるような言葉に接尾辞のようにくっ付いているので、

そういうどこかマイナス的なイメージでもあり、

ロックの持つ退廃的でどこか反体制で暴力的なところに繋がっています。

こういうところにも意味が込められていたみたいですね。

 

隠された美貌

25b1b16e-s

当初からずっと髪型を変えず、流行を意識しない服装、

メイクも薄く、ピアスもイアリングも出来るだけ付けず、

部屋着のような服装にして、親近感を持たせようと

音楽プロデューサーの長戸さんは考えたようです。

セクシーでスタイルも良く美人だったので、女性を敵に回したくなかった。

不細工でもなく美人でもない写真を選ぶのに苦労した記憶があります。

亡くなってから、綺麗な写真やセクシーな写真も出していったので、

「ああこんなに綺麗な人だったのか」と思った人が多いんじゃないですか。

 

「当時は無名の歌手でしたが、『夜の番組で私の歌が使われるの』と喜んでいました。

つやのある長い黒髪がきれいで、芸能人というよりは超美人のOLといった印象でした。

芸能人であることを隠そうとして、だてメガネをかけていましたけど、

レンズが入っていないので逆に目立っていました」(知人の美容師)

 

また、プロモーションビデオ(PV)を巡ってはこんな話もあります。

坂井泉水さんが残したPVを見ると、

彼女の横顔やうつむき加減の映像が圧倒的に多いことに気づかされます。

 

PV制作は通常、シナリオに沿って

アーティストが演技をして作品を完成させていくのが一般的ですが、

作りこんだ映像よりも自然体の彼女のほうが魅力的だった坂井さんは

レコーディングや何げない日常の風景を撮るために、

片隅で長時間カメラを回しました。

このため、自然と横向きの映像が多かったのです。

本人もそういった映像を気に入っていたようです。

 

 

メディア露出が少なかったのは?

4123607a

ZARDといえば、メディアに出ることがほとんどなかったのでも知られています。

ファンの前に初めて生の姿を見せたのは、デビューから8年後の99年8月。

アルバム購入者を対象にした、クルーズ客船でのライブでした。

 

坂井さんのように、メディア露出を控えることで“価値”を向上させ、

タイアップを駆使する戦略は、

当時、音楽業界で「ビーイング商法」と呼ばれていました。

この戦略は、歌と私生活を大切にしたいという坂井さんの志向と重なり合っていたようです。

彼女は『きれい』とか、『美人』と言われるのが嫌で、

歌番組の共演者に『きれいな人』と何度も言われて、

テレビ嫌いになったという話も、とても有名ですよね。

 

しかし、実際は神秘的を狙ったということでもないようです。

92年8月から93年2月にかけて、3曲のシングルで音楽番組に7回出演。

しかし出演の時に体調不良になってしまい(もともと体調は良くなかった)、


1 2 3 4