自撮り画像にはあるサインが!すぐに警察が来てくれる理由が話題に

th_sum-24

何の変哲もない女性の自撮り画像。次の日、警察が彼女のもとに駆け付けたのです。

この画像にはあるサインが隠されていました



スポンサーリンク

女性が投稿した自撮り画像

彼女はこの自撮り画像をソーシャルワーカー宛に送りました。

jidori

自撮りをソーシャルワーカー宛に送った彼女はある絶望的な状況に立たされていました
ある日、ネットで変わった運動について知った彼女は、その絶望的な状況から脱するため、この写真を撮ったのです。

彼女の手のひらを見ると真ん中に黒い点があります。この手のひらの真ん中の黒い点が大きな意味を持っていました。

黒い点はDVのサインだった

彼女はネットで見つけたその運動について半信半疑でしたが、彼女の訴えはしっかりと伝わっていました。
次の日、玄関先に警察が駆け付け、すぐに彼女の夫を逮捕しました。

逮捕した理由は彼女に対してDV(ドメスティック・バイオレンス)を行っていたからです。

この女性が手のひらの真ん中に描いた黒い点は自らがDV被害者であると無言で訴えるものだったのです。

DVの恐怖から開放された彼女は

「何千回も感謝の気持ちを伝えたい!」

と語りました。

女性を救う画期的な運動

DVは大きな苦しみとなります。
イギリス人女性がDVの苦しみから抜け出すため、この運動を始めました。

自らがDV被害者だった彼女は無言で誰かに助けを求めることができる方法を思いつき、ネットで広がりました。

dv

黒い点を描くこのサインは

1.緊急時や危険な状態にいる時に周りに無言で被害にあっていることを訴えることができる

2.助けを必要としているのに声をあげられない犠牲者に、周りが気づくことができる

を目的としています。

DV被害者は子供のことや世間体を気にして通報ができないという人も多いそうです。
そんな声を出せないDV被害者を救う方法として手のひらに黒い点を描くブラックドットキャンペーンが始まったのです。

このシンプルなDV被害者を救う方法は世界中に広がりつつあります。

dv2

ネットでの反応

・少しでもDVが減ればいいなぁ!

・ストーカーやDV人間って消えればいいのにね 世界平和の為

・こういうのはドンドン広まってほしい

DVは解決が難しい問題だとされていますが、この運動によって、一人でも多くの人が苦しみから解放されてほしいですね!

関連記事

⇒ 娘に性的虐待を200回以上加えた父親。世間にバレた理由がヤバすぎた