人工知能が白血病患者を救う!国内初の快挙に未来の医療が頼もしいと話題に。

国内ニュース


と話しています。

 

人工知能「ワトソン」が別のがんを見抜いた

東京大学医科学研究所の附属病院は、

アメリカの大手IT企業IBMなどと協同で、

人工知能を備えたコンピューターシステム「ワトソン」に

2000万件に上るがん研究の論文を学習させ、

診断が極めて難しく治療法も多岐にわたる

白血病などのがん患者の診断に役立てる臨床研究を進めています。

 

このうち60代の女性患者は当初、

医師から「急性骨髄性白血病」と診断されこの白血病に効果がある

2種類の抗がん剤の治療を数か月間、受けましたが、

意識障害を起こすなど容体が悪化し、その原因も分かりませんでした。

 

このため、

女性患者の1500に上る遺伝子の変化のデータを


1 2 3 4