【暗い日曜日】効くと死にたくなる自殺ソングの謎


現在では簡単に聴く事が出来るのだが

聴くと死にたくなるという暗い日曜日という曲があります。

今回は自殺ソングの謎についてまとめました。


スポンサーリンク

都市伝説となっている暗い日曜日。

歌詞が暗いことが自殺をうながした原因と言われるのだが、

少なくとも世界中で100人以上の人が

この曲に関わって自殺をしています。

 

曲名は『暗い日曜日』

1932年にルッツオ・スレスが

作曲したシャンソンの名曲です。

 

だが、

これほど自殺に関わった歴史を持つ曲は

他に存在しないようです。

 

聴いたら突然、自殺?

ハンガリーの首都、ブダペストで

若い青年がこの曲の演奏をバンドに頼んだ。

彼はシャンパンを飲みながら曲を聴いていた。


1 2 3 4

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

【暗い日曜日】効くと死にたくなる自殺ソングの謎


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image