【地震速報】政府が予測した南海トラフ大地震が起こる確率・・・大震法も南海トラフに拡大へ


政府の地震調査委員会は

全国地震動予測地図」を公表しました。

南海トラフの大地震の起こる可能性がヤバすぎると話題になっている。

しかも、南海トラフだけでなく

首都直下地震もヤバイ状況になっていました。


スポンサーリンク

全国地震動予測地図

今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率が、

南海トラフ地震で影響を受ける

本県から四国にかけての太平洋側の地域で

前回14年版に比べて上昇。

静岡市は68%と2ポイント上がった。

関東地域の一部でも80%超と高い状態を維持した。

 

関東では首都直下地震や、

相模湾から房総半島沖に延びる相模トラフで起きる海溝型地震の影響で、

水戸市81%、千葉市85%、横浜市81%などと、


1 2 3 4

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

【地震速報】政府が予測した南海トラフ大地震が起こる確率・・・大震法も南海トラフに拡大へ


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image