女子アナがリオ五輪取材を拒否?女子アナが震えるデンジャラス・ゾーンに非常事態宣言!

国内ニュース


制作費に余裕があるNHKは

軍用装甲車をチャーターしたなんて話も出ています。

民放局はバスを借りるのが関の山だし、

女性スタッフも多いため苦労は尽きない。

 

かつてサッカー・ブラジル代表の10番を背負った名選手

リバウド氏(44)も治安悪化を踏まえ、

SNSで「リオ五輪に来ない方がいい」とメッセージを発したほど。

 

まさかの不幸なニュースが流れてこないことを祈るしかない。

 

民放は完全な大赤字

セキュリティーや宿、蚊対策などの出費で

リオ五輪の制作費はどんどん膨らんでいるという。

 

「今回のリオ五輪の中継権はソチ五輪と合わせ

日本のテレビ局の負担分は約360億円ともいわれている。

NHKが6割以上を負担し、残りを民放で分担する。

そこに制作費が上乗せとなるんですから、民放局は完全な大赤字ですね」

 

選手も報道陣もリオから無事に帰ってこられるのだろうか……。


1 2 3 4