樹海の恐怖。自殺名所・青木ヶ原樹海のタブー【閲覧注意】

1121_15

自殺名所で有名な樹海

今回は樹海の恐怖のタブーを紹介します。

(閲覧注意)


スポンサーリンク

青木ヶ原樹海とは

山梨県富士河口湖町・鳴沢村に広がる原野で、

富士山の北西に位置する。

 

上空から見た際にその木々の様子が

まるで海の波々のように見えることから、

「樹々の海」→「樹海」

呼ばれるようになったと言われています。

 

樹海の歴史は約1200年とまだ浅く、若い森である。

 

富士箱根伊豆国立公園に属し、

富士山原始林及び青木ヶ原樹海という名称で、

国の天然記念物に指定されている。

 

このほか国立公園の特別保護地域および

特別地区に指定されている。

 

そのため、林道から外れての入林は

自然公園法・文化財保護法違反となり禁止されている。

 

どのくらい自殺者が出てるのか

青木ヶ原樹海は

そもそもなんで自殺の名所となってしまったのか??

元々は1959年に松本清張の「波の塔」で

連載が開始されたことがきっかけだと言われています。

遺体は毎年30~50体近く見つかってきているようで、

2003年には100体を超えてしまったとか・・・

 

年別全国の自殺者数は

以下のようになっています。

 

1978年 20788人

1979年 21503人

1980年 21048人

1981年 20434人

1982年 21228人

1983年 25202人

1984年 24596人

1985年 23599人

1986年 25524人

1987年 24640人

1988年 23742人

1989年 22436人

1990年 21346人

1991年 21084人

1992年 21104人

1993年 21851人

1994年 21679人

1995年 21445人

1996年 23104人

1997年 24391人

1998年 32863人

1999年 33048人

2000年 31957人

2001年 31042人

2002年 32143人

2003年 34427人

2004年 32325人

2005年 32552人

2006年 32155人

2007年 33093人

2008年 32249人

2009年 32845人

 

樹海の噂

①樹海に入ったら二度と出てこれない

「樹海に入ったら二度と出てこれない」

こんな噂を聞いたことがあるかもしれません。

 

 

樹海は遊歩道なども完備されており

ハイキングコースなどもありますので

当然ながら普通に入って出てこれます。

 

むしろ人気の観光スポットです。

 

しかし、

これは樹海内の遊歩道を歩いている場合の話です。

 

遊歩道から足を踏み出して進んで行くと

迷う可能性が高いです。

 

これが数百メートル進んでしまうと

どこにいるのかわからなくなり、

戻ってこれなくなってしまいます。

 

そのため、

肝試し代わりに夜中に樹海へ入ったりするのは危険です。

 

②コンパスが狂ってクルクル回りだす

樹海では「コンパスが狂う」もよく言われている噂です。

 

実際どうなのでしょうか?

結論はコンパスは正常に動きます。

③野犬の群れがいる?

こちらもデマのようです。

 

しかし、飼い犬を樹海に棄てる行為が

実際にあるようなので、

捨てられた犬がいるのも事実です。

 

ただ、

ツキノワグマと遭遇する危険性があります。

 

生息実態調査で約400頭ほどの

ツキノワグマが生息していると報告されています。


スポンサーリンク

樹海の恐怖画像(閲覧注意)

aokigahara1

aokigahara5

aokigahara6

aokigahar2

aokigahara10

aokigahara11

aokigahara12

aokigahara7

aokigahara3

aokigahara8

aokigahara13

aokigahara4

aokigahara14

aokigahara9

aokigahara16

 

樹海のタブー

樹海では「検索してはいけない言葉」があります。

 

それは「樹海のおとしもの」。

 

これは上の画像のような実際に樹海に落ちていたもの、

遺品などの画像が掲載されています。

 

そのため、

自殺体の画像なども掲載されていますので

ショッキング画像が多く

閲覧する場合は自己責任でお願いします。

 

ネットでの反応

・樹海伝説は昔の松本清張の小説

「波の塔」あたりからだったのか・・・

 

・磁石は利くらしい

 

・今度の夏に行ってみたい 洞穴迫力ありそう

 

・ブラタモリで以前樹海篇をやっていたが、

あれで随分恐怖のイメージが払われた

 

自殺の名所であることには変わらないようですが

以前と比べるとずいぶん減っているようです。

 

それでも原生林が凄いので

迂闊に遊歩道以外の所に踏込まないほうが良いですよ。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 【暗い日曜日】効くと死にたくなる自殺ソングの謎